小銭を貯金のススメ

小銭を貯金する。一見大したことには見えないかもしれませんが、小銭を財布に入れておかないことで小さな無駄遣いを減らすことができます。例えば、自動販売機で売られているドリンクは安いもので大体120円くらいです。一本買う分には大した金額ではありませんが、ここで年間計算してみましょう。すると、一日一本買ったとしたら年間で43800円になります。結構な消費ではないでしょうか。

自販機でドリンクを買うことが多い人は、財布に小銭を入れておかないことでジュースを買う頻度を減らせるかもしれません。小銭は全部財布から出してしまうので、支払いは全部紙幣だけになります。自動販売機にお札を使うのに抵抗がある人は、それだけで大分抑止力になるでしょう。

さて、小銭貯金のやり方ですが、何も難しく考える必要はありません。買い物をした後、お釣りは小銭だけ財布から出して別にします。入れるものは貯金箱でも、集金袋のようなものでも、タッパーでも何でもかまいません。それを繰り返し行い、それなりに重くなってきたら、銀行に行って貯金します。それだけです。

細かい計算が苦手な人はこの方法でそれなりの、節約が可能になります。一ヶ月、または一週間単位で使用額を設定している人は、お金が財布からなくなりやすく、ちょっと大変になるので無理やり実行する必要はありません。

お金を貯めたら、ネット証券で運用するのが賢いかと管理人は考えています。